ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 急成長ヤマダ電機に排除命令

2008 .07 .06

急成長ヤマダ電機に排除命令

ヤマダ電機に排除措置命令 納入業者に従業員派遣強いる(MSN産経ニュース)
公正取引委員会は30日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で、家電量販店最大手のヤマダ電機(前橋市、7月1日から高崎市)に、こうした行為をやめ、再発防止策を講じるよう排除措置命令を出した。
家電小売業界で最大の規模を誇るが故に出る杭が打たれただけで、ヤマダ電機に限らず昔から横行していたこと。

10年以上前に友人に聞いたけど、某カメラ屋さんでも同じことは恒常的に起きていた。彼はメーカーのひとではなかったからまだマシだったみたいだけど、それでも新規出店とか棚卸しのときは休日返上で駆り出されたそうです。

メーカーと小売店の力関係は業界によって違うけど、表向き協力関係とか言ってても内実としてどちらかが泣くような関係はよくないよね。そんな関係に支えられなきゃ低価格で商品を提供できません、っていうならその価格戦略はそもそも実現し得ないねじれのなかでしかあり得ないもの。

いいモノをより安く。そんな目標へ向かうための源泉、その利益を生み出す競争のなかでやむを得ず行ってきたことなのかも知れない。でもそんな状態が何年も続くのはやっぱり正しくないと思う。

願わくばブルーオーシャンで成長していきたいものです。

▼関連記事
ヤマダ電機、ソニー並みの急成長、それゆえの欠点露呈(MSN産経ニュース)
成長の陰に過酷11時間労働、ヤマダ電機「ただ働き」問題(MSN産経ニュース)
ヤマダ電機に排除命令 納入側に16万人派遣強要(asahi.com)


« Yahoo!グリーティングが7月7日で終了 | ホーム | アマゾンのハリポタ予約カウンター、いまだ増加中 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ