ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 夏のボーナス、国家公務員の平均は約63万円

2008 .06 .30

夏のボーナス、国家公務員の平均は約63万円

夏のボーナス:国家公務員、昨年比4600円増(毎日jp)
国家公務員に30日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除いた一般行政職(平均34・9歳)の平均支給額は62万9400円。
約63万円。まあ夏より冬のほうが多いからあんまりびっくりする額じゃないけど。でも32,500円のひとからするとうらやましい・・・。

まあいくら重責の職務とはいえ議員のセンセー方は全然金額が違うけど。
特別職の最高支給額は福田康夫首相と島田仁郎最高裁長官の544万円。次いで衆参両院議長506万円▽閣僚397万円▽事務次官318万円▽国会議員302万円--の順になった。
国会議員一律302万円ってのがなぁ。土日もなく働いているセンセーもいるけど国会で居眠りしてるひとも多い。センセー方は成果主義とは無縁らしい。

そういえば「公務員 夏のボーナス」のニュースを見てて思ったんだけど、地方公務員の平均は36.6歳となってる。
管理職を除いた一般行政職の地方公務員(平均36・6歳)の平均支給額は59万8900円で、昨夏に比べ1400円増えた。
国家公務員平均年齢34.9歳と地方公務員平均年齢36.6歳という平均母数の違いはどこからくるんだろ。

▼関連記事
夏のボーナス、国家公務員に支給 首相は544万円(NIKKEI NET)
国家公務員にボーナス支給 福田首相は554万円(asahi.com)
国会議員の平均所得2580万円 3年連続増、民主1位に浮上(47NEWS)
平均所得は2500万円超 上位は世襲議員(asahi.com)

« ライブドア、ドメイン取得料金を大幅値下げ | ホーム | 真矢みき、ご結婚とのこと »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ