ホーム  > 気になるニュース  > デルPC、西友で取り扱い開始

2008 .05 .10

デルPC、西友で取り扱い開始

西友店頭でデル製オリジナル仕様パソコンの販売を開始(japan.internet.com)
西友では、5月12日に東京都杉並区の荻窪店でデル製パソコンの販売を開始。順次取扱い店舗を拡大し、今年中に全国の約30店舗で販売を開始する予定であるという。
これはどうなんだろう。ユーザー層はだいぶ違うんじゃないかな。接触機会は絶対的に増えるけどね。

職場でDELLのパソコンを使ってる人は多いだろうけど、スーパーに訪れるメイン層はお母さんとか年配のひとが多くて、そういうひと達はNECや富士通は知っていてもDELLの認知はまだまだだろうから、まずブランドを知ってもらうという意味ではアリかなぁ。

まあそもそも西友とデルが協業する理由は親会社の事情なんだけれども。
西友の親会社である米国 Wal-Mart Stores と、デルの親会社である米国 Dell は、米国を中心とした世界各国でのパソコン販売で協力関係にあり
西友が外資配下の会社になったってこともあまり知られてないんじゃないかな。
親会社の事情を別にすれば(インストア形態も含めて)スーパーでケータイを売ってないのが不思議なくらいだと思ってる。

まあデルPCを使ってる身としてはどんな仕様と値段のマシンが店頭に並ぶのかちょっと興味あるかな。
「西友オリジナル仕様」として新たに開発されたノートブックパソコン「Inspiron 1525」「XPS M1330」、デスクトップパソコン「Inspiron 530s」の合計3製品4機種が、当初の販売対象となる。

デル株式会社

« 地震多いな・・・ | ホーム | 『SQLハンドブック 第2版』宮坂 雅輝・著 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ