ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > アーサー・C・クラーク死去

2008 .03 .20

アーサー・C・クラーク死去

SF作家のアーサー・C・クラーク氏が死去(asahi.com)
映画化された小説「2001年宇宙の旅」などで知られる英国人のSF作家アーサー・C・クラークさんが19日、移住先のスリランカで死去した。90歳だった。
ロバート・A・ハインライン、アイザック・アシモフと並びSF作家のビッグスリーと称されるクラークが亡くなったそうです。90歳。日本的に言えば大往生でしょうか。SF(サイエンス・フィクション)作家のみならずノン・フィクションとしての偉大な科学者でもありました。
SF作家としてだけではなく静止衛星の発案者としても知られ、アポロ13号の司令船Odysseyや火星探査機2001 Mars Odysseyなどの名前も氏にちなんで付けられているなど、宇宙開発関係者へ与えた影響も大きな人物だった。

SF作家Arthur C. Clarke死去(スラッシュドット・ジャパン)
もうね、SF大好きだから神様みたいなひとですよ。個人的には『幼年期の終り』ですね。やっぱ。

子供の頃から彼が描く近未来にワクワクさせてもらいました(あ、ワクワク度だとハインラインかな…)。

これで御三家もみんな亡くなってしまったなぁ。さすがに寂しい。
はてなダイアリーキーワードが御三家の妙をうまく捉えてますね。
ちなみに、アイザック・アシモフとの間に取り交わされたとされる「アシモフ-クラーク協定」によると、

“世界第一の科学解説者はアシモフで、第二位がクラーク。

世界第一のSF作家がクラークで、第二位がアシモフ。”

らしい。

そしてその間に、西海岸で1秒数十語のスピードでタイプライターをかッ飛ばしているのがロバート・A・ハインライン、だそうだ。

アーサー・C・クラークとは - はてなダイアリー
謹んでご冥福をお祈りいたします。

▼関連記事
SF作家のアーサー・C・クラーク氏が死去(CNET Japan)

▼参考リンク
アーサー・C・クラーク(Wikipedia)

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
アーサー・C・クラーク 福島 正実
早川書房 (1979/04)
売り上げランキング: 554

« 東京の桜開花予想は3月23日 | ホーム | Googleトップページがリニューアル »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ