ホーム  > 気になるニュース  > タレント  > 一色紗英、反則切符に署名拒否

2008 .02 .10

一色紗英、反則切符に署名拒否

一色紗英、反則切符署名拒否!運転中携帯使用(スポーツ報知)
女優の一色紗英(30)が携帯電話をかけながら乗用車を運転し、警視庁から交通違反の取り締まりを受けていたことが8日、分かった。また、最近3年間でスピード違反や駐車違反など複数回の違反があり、免許停止処分を受けていたことも明らかに。今回の違反で反則切符の署名を拒否したが、今後、出頭し、意見の聴取を行う。
運転中にケータイ持ってるひと多いですよね。オートマでもほんとに危ないから絶対やめて欲しい。

とはいえ一色さんの違反は「過去の違反回数」をして今回も彼女が悪いんだろう的な記事が多いんだけど、関係者によれば
今回、署名を拒否したことに関係者は「子供を助手席に乗せて運転していた。携帯電話が鳴り、子供が『ママ電話だよ』と一色の耳の方に電話を向けてきた。それを取り上げていたところを見られてしまったようだ」と説明。取り締まりで釈明したが、認めてもらえなかったという。
とのこと。それが事実なら、子供からケータイを取り上げるのと本人が通話してるのは見間違いやすいだろうから一色さんにはぜひ略式裁判(反則金納付)で済ませずに検察で事実を説明してもらいたいな。

まあタレントイメージや仕事と子育てで多忙だろうから反則金納付で済ませちゃうかも知れないけど。

反則切符にサインするのは義務じゃないし、自分の考えを主張すること自体は全然間違ってない。今後出頭要請があったとしても略式裁判に応じるか本裁判に行くかを聞かれるだけで違反内容に納得するならその時点で略式裁判に応じればいいし。

警察の取り締まりも道路交通の安全のため、なんてことじゃなくて点数稼ぎとしか思えないような待ち伏せとかもあるので納得いくとこまでいったほうがいいと思う。

ぼくは納得いかない取締りで違反切符を切られたときに検察庁まで行って自分の考えを主張して不起訴(=実質的な無罪)になったことがあるので、「事実」が明確でないまま記事によって一方的な書かれ方をされることの怖さを感じるんですよね。

あ、とは言えむやみに「争う」とか言ってゴネ得を狙うのは間違ってるからね。言ってることに嘘があればすぐにバレるので。

それはさておき、携帯電話を持って通話やメールすると普通車とバイクで6,000円、原付で5,000円の反則金となります。四輪に限らずバイクも。原付も。
安くないよね。絶対やめようね。

さて、このエントリーは一色さん弁護じゃなくて事実はどうなのか? が気になって書いたんだけど、確かに3年で2回の免停は多いね…。スピード違反は、まあ軽微なのもあるだろうけど駐車違反とシートベルト不着用ってのは言い逃れできないよねぇ。そのうち事故とかしなきゃいいけど。。。

▼関連記事
一色紗英、運転中に携帯電話…3年間で免停2度の“常習”(SANSPO.COM)
「交通違反の女王」バレて一色紗英に大ブーイング(ZAKZAK)

▼参考リンク
改正道交法Q&A(警察庁)
知っておきたい改正道路交通法(日産)


« 退院しました | ホーム | TSUTAYA、テレビ向け動画配信に進出 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ