ホーム  > 気になるニュース  > 子育て  > 「妊婦健診」は受けなきゃね

2007 .11 .20

「妊婦健診」は受けなきゃね

「飛び込み出産」急増 たらい回しの一因、背景に経済苦(asahi.com)
妊婦健診を一度も受けず、生まれそうになってから病院に駆け込む「飛び込み出産」が増えている。
救急車で搬送された「飛び込み出産」の妊婦さんが病院をたらい回しにされて結局亡くなったなんて痛ましいニュースもけっこう報じられたと思いますが、妊婦さんが健診をまったく受けていないケースが増えているので病院側が断っているという背景もあるようです。
妊婦の救急搬送の受け入れ拒否の原因として、医師やNICU不足のほかに、「未受診」があるといわれる。未受診に特徴的なのは、リスクの高さと出産費用の未払い問題だ。
病院もね、商売とまでは言わないけど診療代金を回収できなきゃやってられないですからね。

昔ひき逃げされて入院した時に医療費をどう支払うかでもめたもんですよ。病院も回収に必死だから「患者さん=お客さん」みたいな態度は取ってくれないですよ。おカネの問題が白黒付くまでは。

で、「未受診」だとこれまでどんな診察をしてきていて今どんな状況なのか分からないのでリスクが高い、ということ。
健診費用は1回5千円~1万円程度。厚生労働省によると、健診は14回程度が望ましく、最低5回は必要とする。だが自治体の公費助成は平均2.8回にとどまる。
5万から10万円以上見積もっとかないといけないんですね。小さくはない金額ですよね。。。

でもそのお金を払わないで母子ともに死んでしまったらもともこもないので。Norton欲しいだなんて言ってないでちゃんと用意しとかないと。

あとやっぱり国や自治体に補助して欲しいです。もしくは低金利で貸し出すとか。「ふるさと創生1億円」みたいにわけわかんないカネをただバラ撒くんではなくて使途を決めれば何とかならないかな。

まあお金の問題だけじゃなくて病院も保育園も幼稚園も(営業時間含めて)全然足りないんだけど。

生んで育てる努力はしたいのでお願いします。将来に不安あり過ぎてしょうがないんですよ。

カネがないから死にましたはもう聞きたくない。

すべてがわかる妊娠と出産の本
ハイディ マーコフ サンディ ハザウェイ アーリーン アイゼンバーグ Heidi Murkoff Sandee Hathaway Arlene Eisenberg 森田 由美 竹内 正人
アスペクト (2004/10)
売り上げランキング: 42341

« チャレンジ三宅島モーターサイクルフェスティバル | ホーム | 千葉真一が「JJサニー千葉」に改名 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ