ホーム  > オンライン書店・本屋  > amazon  > アマゾン、送料定額サービス「Amazon プライム」開始

2007 .06 .09

アマゾン、送料定額サービス「Amazon プライム」開始

年会費3900円で常にお急ぎ無料配送--アマゾンが会員制プログラムを開始(CNET Japan)
Amazon.co.jpは6月8日、会員制プログラム「Amazon プライム」を開始した。年会費3900円を支払えば、日本全国を対象としたエクスプレス配送サービス「お急ぎ便」が使い放題になる。1つのアカウントで同居の家族2人までを家族会員として追加登録できる。
amazonプライムいよいよ日本でもアマゾンの会員制サービスがはじまりましたね。こうした明確なリピーター向けサービスは、新規顧客獲得にやっきになってる某ショッピングモールの執拗なメール攻勢にさらされてるユーザーからするととても王道に見えます。

※ちなみに画像のリンク先は昼間に撮ったキャプチャです。Firefoxだったんですけどアマゾンの中の人、慌ててたのかな。レイアウトが崩れまくりでした。。

とはいえ、大型商品は送料定額サービスの対象外、沖縄や離島が届け先の場合は通常配送のみ、といろいろ制約条件も付いてるのでどれだけの人が申し込むんだろう、とも思ったり。企業とか大学の先生なんかは請求書払いがよかったりとかするので送料定額がそれほどベネフィットになるとは思えないし。やっぱ個人向けのサービスって位置づけなのかな。

アメリカ本土はね、そりゃ広いから国内配送といっても航空便になるしその分配送料も時間もかかったりするので魅力に感じる人は多いかもしれないけど。本国は年間79ドルだそうなので日本の「プライム」は半分以下だものね。

でもクロネコのメール便とかゆうパックが何も指定しなくてもけっこう普通に翌日届いたりする国なので。自分では使わないなぁ。

まあアマゾンユーザーっていえばすごい数がいるだろうから「これが顧客サービスだ。スバラシイ!」とかって人もいるのかな。本国に次いで2番目に導入ってことは需要見込みも立ててるんだろうし。

「Amazon プライム」の是非は全然まだ分からないけどリピート顧客重視の姿勢は好きだな。コールセンターの対応は最悪だけど。あのマニュアル偏重はどうにかして。

▼関連記事
アマゾンジャパン、配送料定額制を開始(NIKKEI NET)

« ビーケーワンもなにげに送料無料 | ホーム | BlogPeople「今日のラッキーさん」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリー アマゾン、送料定額サービス「Amazon プライム」開始 に届いたトラックバックの一覧

» 6月17日のラッキーさん
BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「That's L...

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ