ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 2007年、「防衛省」誕生

2006 .12 .17

2007年、「防衛省」誕生

「防衛省」法案、参院委で可決 年明けに昇格へ(asahi.com)
防衛庁を「省」に昇格させ、自衛隊の海外派遣を本来任務へと格上げする、防衛庁設置法や自衛隊法などの改正案は14日午後、参院外交防衛委員会で与党と民主党の賛成多数で可決された。15日の参院本会議で成立する見通しだ。防衛庁は来年1月上旬に「防衛省」となる。
なんだかずいぶんサラッと決まってないかい? かなり大きなターニングポイントだと思うけど。
成立すれば、これまで形式上、首相を経ていた法案提出や海上警備行動発令の承認を得る閣議要求などは、「防衛相」が直接行う。自衛隊による(1)国際緊急援助活動(2)国連平和維持活動(PKO)(3)周辺事態の後方支援(4)テロ特措法の活動(5)イラク特措法の活動は、「本業」の本来任務となる。
「後方支援O.K」か。大手を振って"反撃"できるのか。。。なんだか怖いな。

自衛隊装備年鑑 2006-2007
朝雲新聞社編集局編著
朝雲新聞社 (2006.7)
通常2-3日以内に発送します。

« 日清食品、「ホワイトカレーヌードル」を全国販売 | ホーム | Google Book Searchで日本語の本が全部タダで読める? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ