ホーム  > オンライン書店・本屋  > amazon  > Amazon.co.jp、オンラインストア作成ツール「インスタントストア」正式版

2006 .11 .16

Amazon.co.jp、オンラインストア作成ツール「インスタントストア」正式版

Amazon.co.jp、オンラインストア作成ツール「インスタントストア」正式版(INTERNET Watch)
Amazon.co.jpは15日、オンラインストア作成ツール「インスタントストア」の正式版と、コンテンツマッチ広告ツール「Amazonおまかせリンク」の改善版をリリースした。どちらもアフィリエイト広告「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者向けサービスで、利用には登録が必要となる。
そういえばアマゾンって、ひっそりとリリースしておいて後から発表するやり方が多かったような印象なんですけど、「インスタントストア」「Amazonおまかせリンク」ってベータ版からリリースしてるんですよね(「Amazonおまかせリンク」はまだベータ版)。公開テストをしながらチューニングする方向に転換していってるんでしょうか。

インスタントストアも最初にリリースされた時にサクッと作ってみたきり。トップページに掲載できるアイテム数が9つだけだったのであまり広がりが持てないなぁ、という印象で放っておいてしまったんだけど、今回の正式リリースで掲載できるアイテムが54個まで増えたようです。

54個も掲載できればそれなりのチョイスができそうです。

とはいえ、個人的なリクエストはトップページに何点掲載できるかじゃなくて、配下のカテゴリーにも自分でいくつか商品を並べてみたい、ということ。やっぱりその方が自分のショップっぽいし。これは今後に期待、ですかね。

今回の正式リリースで、1つのアソシエイトIDで複数のストアが作成できるようになったのでインスタントストアベースのサイトを見かけることが多くなりそうですね。

「Amazonおまかせリンク」については、
今回公開されたAmazonおまかせリンクのバージョン2では、広告に表示させる商品の選定に際して、除外キーワードや優先キーワードの設定、表示対象とするストアの指定が可能となった。
とのことで、かなり仕様が変更されています。

エントリーなどのコンテンツに連動して自動的に商品を表示してくれるので楽チンなんですけど、さらにユーザー側で表示させたい商材を選べるようになったのはいいですね。

バージョンアップを記念して、インスタントストアを効果的に利用しているWebサイトや、面白い使い方をしているWebサイトを募集いたします!優秀な Webサイトはアソシエイト・セントラルで紹介させていただくほか、賞品も用意しています。応募要項を読んで、ぜひ参加してください。

コンテスト応募受付期間:11月15日~12月15日

選考時期:11月15日~12月31日

発表:2007年2月上旬ごろにアソシエイトセントラル上で発表します。
とのことで「インスタントストア コンテスト」も開催されています。大賞はギフト券20万円分と太っ腹な企画です。

募集要項によると、大賞以外にも5名に奨励賞でギフト券1万円分など総勢9名にチャンスがあるので狙ってみてもいいかも。

黙ってて参加資格が得られる企画ではなく、アマゾンにメールで応募する必要があるので注意しなきゃ、ですね。

▼関連記事
アマゾン、オンラインストア作成ツール正式版を公開--コンテストを開催(CNET Japan)

« MacBookはCore 2 Duo搭載の最強バリューノートか | ホーム | 「魔界転生」などの漫画家、石川賢さん死去 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ