ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > マイクロソフト、MSN Musicの音楽ダウンロード販売を中止へ

2006 .11 .05

マイクロソフト、MSN Musicの音楽ダウンロード販売を中止へ

マイクロソフト、MSN Musicの音楽ダウンロード販売を中止へ(CNET Japan)
CNET News.comが入手した情報によると、MicrosoftがMSN Musicでの音楽のダウンロード販売を中止する計画だという。Apple ComputerのiTunesに対抗するためにMicrosoftがMSN Musicをオープンしてから2年が経つ。
マイクロソフトですらもiTunes Storeを突き崩せなかったんですね。まあナンバーワンでなくともオンリーワンとして独自のサービスを打ち立てられればまた違ったかもしれませんが。
MicrosoftはZuneの発売によって、音楽サービスとデバイスの両方をコントロールするというAppleと同じ戦略を採用し、Appleと同じ成功を手に入れようとしている。しかし、Zuneの発売計画は、Microsoftのコアテクノロジを使ってデバイスやサービスを開発してきた長年のパートナーから怒りを買っている。
同じことをしてもねぇ。。。iPodの方がカッコいいもの。

日本国内でも、オリコンがPC向け音楽配信「ORICON STYLE」を11月末で終了するという発表があったりと、なかなかiTunes Storeを脅かす存在は現れそうにありません。

オリコンは毎月2,500万円の赤字を出していたそうです。昨年3月に開始した「ORICON STYLE」、MSとほぼ時を同じくして撤退です。

iTunes Store+iPodの組み合わせに不満があるわけじゃないんですけど、競争がなくなるとサービス品質が下がったりしますからね。強力な対抗馬は欲しいと思います。

やはりAmazonかな?

▼参考記事
オリコンがPC向け音楽配信を11月末で終了、今後はアフィリエイト型に(INTERNET Watch)
オリコン、PC向け音楽配信事業から撤退(asahi.com)

 iTunes Music Store(Japan)

« サトエリが両親と海老蔵舞台に熱視線 | ホーム | アマゾンがひさびさにオリジナルグッズを発売 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ