ホーム  > 気になるニュース  > 「ちょいワルオヤジ」の認知度78%、女性では83.1%、NTTレゾナント

2006 .10 .11

「ちょいワルオヤジ」の認知度78%、女性では83.1%、NTTレゾナント

「ちょいワルオヤジ」の認知度78%、女性では83.1%、NTTレゾナント(nikkei BPnet)
NTTレゾナントは10月6日、インターネット・ユーザーを対象に「ちょいワルオヤジのイメージ」に関してアンケート調査した結果を発表した。それによると78.1%の人が「ちょいワルオヤジ」という言葉を知っており、性別でみると女性の認知度が83.1%とより高いという。
「ちょいワルオヤジ」ってコトバは女性に認知されてるんですねぇ。何か意外。てか「LEON」の影響力、恐るべし。

ちょいワルオヤジという言葉があてはまる人物に必須のアイテムは? という質問に対して「サングラス」「ネックレスなどのアクセサリー」「カジュアルな服装」と続くのは、あぁなるほど、といった感じですね。決して七三分けでグレーなスーツなんて印象じゃない、と。

#自分がそうだというわけじゃないです。念のため。。。

女性がちょいワルオヤジと一緒に行きたい場所としては「バー/レストラン」(69.7%)が最も多く、「海外旅行」「美術館、博物館」と続いたそうです。やっぱり「夜」のイメージなんですかね。

しかし調査会社の「(同伴者の)教養が感じられるような場所へのし好が顕著」ってコメントは的確なんだろうか。。。まぁ教養というか、趣味とかのこだわり。薀蓄なんでしょうね。むしろ、
なお、女性にとって、ちょいワルオヤジはどのような存在かを尋ねたところ、「雑誌にしかいない仮想の人」(32.7%)という回答が最も多かった。
とのことで、女性のやたら現実的な回答のほうが説得力があります。しっかり割り切ってるというか、ホント現実を見てるというか。

やっぱり男子の方がいつまでもお子さまなんでしょうなぁ。

« 『職人学』小関 智弘・著 | ホーム | 「Google Blog Search」がPingサービスを開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ