ホーム  > 気になるニュース  > 見なきゃダメだ!あの「エヴァ」が10年ぶりに映画で完結

2006 .09 .09

見なきゃダメだ!あの「エヴァ」が10年ぶりに映画で完結

見なきゃダメだ!あの「エヴァ」が10年ぶりに映画で完結(SANSPO.COM)
「セカンドインパクト」「人類補完計画」など謎の言葉で社会現象にまで発展したアニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン」が約10年ぶりに復活することが8日、分かった。来年初夏を皮切りに、前・中・後編と完結編の4部作で公開。前回と同じく庵野秀明氏が監督を務める。とくに完結編では、前作でさまざまな論争を巻き起こしたラストに真の決着をつけるといい、ファンの間で大反響を呼びそうだ。
「おもしろいのがあるよ」と、録画したVTRを貸してもらったのが「新世紀エヴァンゲリオン」を知ったきっかけでしたね。タイミングとしては本放送中でストーリー中盤だったと思います。カバラやキリスト教的なエッセンスを取り入れてたのでけっこうハマッてましたね。コミックも5巻くらいまで買ってたような(引越しで処分しちゃった)。もう10年かぁ。。。

恐らく20世紀でもっともムーブメントを巻き起こしたアニメですよね。
前・中・後編はテレビシリーズ(全26話)の24話までを中心に、登場人物の設定、背景などを3分の1以上変え、新作カットを付け足して大幅リニューアル。完結編は完全なオリジナル版となる。絵コンテは「日本沈没」の樋口真嗣監督が担当。「エヴァンゲリオン 新劇場版 REBUILD OF EVANGELION」のタイトルで、今月中旬から本格的に製作が始まる。
テレビ版も映画版も「あの終わり方はどうかねぇ」というのがあったので、新たに描かれるストーリーがどうなるのか興味はありますね。

しかし10年経っても続いてる“原作”ってのもスゴイな。もう見てないけど。
まぁあっちは“貞本版”だけど。コミックを見ていた当時も、貞本版の方がストーリーや心理描写がまとまっていて好きでしたね。『REBUILD OF EVANGELION』公開の頃にはコミックはどうなってるんでしょ。「Air」「まごころを、君に」とも違う結末になりそうな気もするんですが。

「新劇場版 前編」上映は来夏とのことなので気長に待ってみましょうか。

しかしこのサンスポの記事、綾波レイの画像とか使ってやたら気合入ってるんですけど。見出しもシンジの「逃げちゃダメだ!」だし。。。

今月の『Newtype 10月号』で特集が組まれているんですね。

▼参考リンク
エヴァンゲリオン10周年企画?新作劇場作品公開へ


新世紀エヴァンゲリオン 10
貞本 義行漫画 / GAINAX原作
角川書店 (2006.3)
通常24時間以内に発送します。

新世紀エヴァンゲリオン(10巻セット)
貞本 義行
角川書店 (N/A)
通常24時間以内に発送します。

« 注目度満点のミクシィ--300万円スタートの声も | ホーム | エ、エバンゲキオン…? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ