ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 仙台で七夕まつり始まる 3000本の青竹にささ飾り

2006 .08 .07

仙台で七夕まつり始まる 3000本の青竹にささ飾り

仙台で七夕まつり始まる 3000本の青竹にささ飾り(Sankei Web)
東北四大祭りのフィナーレを飾る「仙台七夕まつり」が6日、仙台市で始まり、色鮮やかな吹き流しが浴衣姿の観光客らを楽しませている。8日まで。
あぁやっぱり今年も行けなかった。。。旧暦の七夕で開催されるので休みが取れないんですよね。盆休み前の連休進行で。こどもの頃に行ったきり。青森のねぶたや秋田の竿灯、山形の花笠まつりと違って基本的に七夕飾りを眺めて楽しむ静的な趣きが好きなんですよね。

仙台は母親の実家があるので夏休みにお祖母さん家に連れて行ってもらった時の懐かしい思い出です。

それでもうちの地元でも8月にお祭りがあって、こどもの頃は家の手伝いで七夕飾り(吹流し)を作ったですよ。

薄~い和紙を何枚も重ねて、ハサミを入れて、針金で根元を結わえて先を開くと花みたいになるんですよ。それを何十個も作って丸い竹カゴに結わえていくと七夕飾りの「玉」になるんですね。その「玉」を2~3個作るんです。かな~り時間のかかる作業です。仕事の合い間に2週間くらいかけてたかなぁ。その甲斐あって彩り鮮やかな七夕飾りを楽しむことができます。

この季節の宮城は夏とはいっても朝晩は日差しも強くなく過ごしやすいので、まだご覧になってない方はぜひ一度はお越しください。和みますよ~

【関連リンク】
仙台七夕まつり公式サイト
仙台市 仙台七夕まつり
仙台七夕まつり(MapFan Web)
仙台七夕まつり/観光(じゃらんnet)
仙台七夕(Wikipedia)
本祭
七夕祭の本祭は、8月6日から8日までの三日間連続して行われる。大規模な飾り付けがされるのは、一番町商店街(東一番丁通り)や大町商店街(中央通り)などの中心部商店街(アーケード街)や仙台駅周辺などであるが、市内各所至るところに小から大までの飾り付けがなされ、街中が七夕一色になる。

るるぶ仙台宮城 ’07

JTBパブリッシング (2006.5)
通常24時間以内に発送します。

« KYOSUKE HIMURO+GLAY 「SWING ADDICTION」 | ホーム | ブロガー、ガチャピンに話を聞いてみました »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ