ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 富豪・関口房朗氏が「100万円ショップ」オープン

2005 .08 .30

富豪・関口房朗氏が「100万円ショップ」オープン

富豪・関口房朗氏が「100万円ショップ」オープン(ZAKZAK)
100万円が10倍、20倍? 技術系人材派遣会社「VSN」会長で、冠名「フサイチ」の競走馬オーナーとして知られる関口房朗氏(69)。29日には「100万円ショップ」をオープンするが、出品される数々のお宝が26日明らかになった。関口氏らしい、お宝の中身とは?
「馬主」、それは本当の金持ちのステータス。豪快なおカネの使い方で知られる関口房朗さんが、これまた昨今のデフレブームに一石を投じるようなサービスを始めるとの記事。
「不景気続きで世の中の元気がない。100円ショップなんていうのが流行っているようじゃアカン。ドーンと景気よく、100万円ショップといこうやないか」
やー、関口さん、漢(オトコ)ですね!

見た目がアレなのでちょっとやらしい印象もあったんですが、インタビューなんかを見てみると苦労してるんですよね。それでのし上がってきたんだから、「成り上がり」とは違うかな。
この「100万円ショップ」も中身の趣味はともかく、金額的には出血大サービスのようですし、なにしろ着眼点が全然違う。すごいなー。

欧米の成功した実業家って結構、寄付とかしていて社会に奉仕しよう、って行動をしてるんですが、それに通ずる「意気」を感じますね。

ヤマト運輸の故小倉さんや、グッドウィルの折口さんなど、社会奉仕を事業にした人とかもいて、日本にも「意気ある成功者」が居なくもないとも言えるんですが、せいぜい40~50代くらいの人なのかな。

よく取りざたされている20~30代の成功者ってあまり「社会に還元」ってアクションをおこしてないように思います。まぁボランティアしとけばいい、ってもんでもないですが。
でも「その意気や良し!」ってのを見せられると、ちょっと尊敬しますよね。

大富豪になる生き方!
関口 房朗著
史輝出版 (2004.3)
通常2~3日以内に発送します。

赤っ恥学
赤っ恥学
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.30
関口 房朗著
宝島社 (2004.7)
通常2~3日以内に発送します。

« 『真鍋かをりのココだけの話』到着! | ホーム | 楽天、高級品を集めた「高級品市場」を開設──1億円超の時計も登場 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ