ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 日本の人口、半年で3万人減 通年で初の減少の可能性も

2005 .08 .25

日本の人口、半年で3万人減 通年で初の減少の可能性も

日本の人口、半年で3万人減 通年で初の減少の可能性も(asahi.com)
日本の人口が今年1~6月の半年間で3万1034人減ったことが、全国の市区町村からの出生届や死亡届などに基づく人口動態統計(速報)でわかった。上半期として人口が減ったのは初めて。
この記事は速報値ベースとのことですが、少子高齢化社会と表裏一体の「人口減少社会」の動向を伝えていますね。

今後、2007年問題(団塊世代が定年を迎え労働人口のボリュームゾーンが減少していく)をはじめ、労働人口が減少していく日本にとって、外国人を労働者としてだけではなく、社会の構成メンバーとして受け入れていかなければ経済・社会が成り立たなくなるかもしれません。

子供の養育、社会保障、年金問題、税制改革、規制緩和によるビジネスチャンスの拡大と労働環境の整備など、内政が抱える問題は大きいです。

鉱物資源や食料資源のみならず、人口という「資源」まで輸入しなければ成り立たない国ってどうなんでしょうね。

少なくとも、国外への移住や終身旅行者にならなくてもいいような、住みよい国になって欲しいです。

少子に挑む
少子に挑む
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.25
日本経済新聞社編
日本経済新聞社 (2005.7)
通常24時間以内に発送します。

「人口減少経済」の新しい公式
松谷 明彦著
日本経済新聞社 (2004.5)
通常2~3日以内に発送します。

« つくばエクスプレス、秋葉原駅で発車式・24日開業 | ホーム | 「マスコミからクチコミの時代へ」──自民党がブロガー、メルマガ発行者と懇親 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ