ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > AMCの顧客情報流出、ビッダーズでも8,456人分を確認

2005 .08 .12

AMCの顧客情報流出、ビッダーズでも8,456人分を確認

AMCの顧客情報流出、ビッダーズでも8,456人分を確認(INTERNET Watch)
ディー・エヌ・エー(DeNA)は9日、同社が運営するオークション/ショッピングサイト「ビッダーズ」に出品していた店舗「AMC」の顧客情報8,456人分が流出していたと発表した。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、商品名が含まれるが、クレジットカード番号などの決済に関する情報の流出は含まれていないという。
う~ん。まだまだ予断を許しませんね。いや、ここの購入経験はないですけど。モール側は一様に店舗サイドの責任のようにPRしてますけど、現時点の情報だと楽天、ビッダーズからの流出なのか、このAMCという会社からの流出なのかはっきりしないですね。

▼そんななか以下の記事は興味深い内容でした。
信頼度の高い EC サイト、トップは「楽天」?? (japan.internet.com)
インターネットコム株式会社と株式会社インフォプラントが行った、EC サイトに関する調査によると、信頼性が高い EC サイトとして多くの支持を得たのは、最近出店する店舗において個人情報が流出するという事件の起きた「楽天」だった。
とりあえず「本」に関しては、ビーケーワンは「コンビニ後払い」ができるので重宝してます。電子マネーもいいんだけど、コンビニ払いはとっても手軽なので他のショッピングサイトでももっと取り入れてほしいな。

ちょっとできるビーケーワン
清水理史 著
インプレス (200504下旬)
通常24時間以内に発送します。

« [近藤淳也の新ネットコミュニティ論]連続的な開発と非連続的な開発 | ホーム | 「まんが日本昔ばなし」ゴールデン復活 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ