ホーム  > 本・レビュー  > 『成功読書術』土井 英司・著

2005 .04 .14

『成功読書術』土井 英司・著

昨年あたりにちょっとブームになった「あらすじ本」。様々なジャンルの本を、「あらすじ」で紹介するガイドブックが多く刊行されていますが、本書はこれら「あらすじ本」のアンチテーゼと言えます。それは著者が「なぜ」この本を選び、一体何の役に立つのか、を自身の考えとして述べているからです。

より良く生きていくため、自らの向上心に磨きをかけるため、「他人の経験」を知りえることは大いに価値のあることです。 そこで、情報がパッケージ化された「本」という媒体はまさに、時間を圧縮して「他人の経験、先人の叡智」を身に付けるのに最適です。

著者の土井氏は昨年7月にメールマガジン「ビジネス・ブック・マラソン」の発行を開始しました。その後半年足らずで配信数が1万通を超えるほど人気メールマガジンになっています。このメールマガジンは一般の読者だけでなく、著者や編集者に愛読者が多いのが特徴です。

著者はビジネス書の購入費用で年間100万円以上は使うそうです。充分な量を読み込んできたキャリアの中から厳選された「名著」が本書には30編収録されています。
いわゆるベストセラーに偏らず、すぐに役立つマニュアル書でもなく、普遍的とも言える示唆に富んだ選書になっています。

さてその内容とは……

カーネギー『人を動かす』から始まる第1章。松下幸之助『道をひらく』、ベストセラーになった『7つの習慣』や『ビジョナリー・カンパニー』など、「定番」を紹介しつつ、世阿弥『風姿花伝(ふうしかでん)』、マキャべリ『君主論』や、トロイの遺跡を発掘したシュリーマンの著作などを織り交ぜています。

どうですか? 通り一遍の読書ガイドではまずお目にかからないラインナップです。
1冊につき5ページ程度の分量なので興味のある本から読み進んでいってもいいでしょう。

決して「分かった気」になる本ではありません。身に付く本です。長く読み継がれてきた名著も偏りなく紹介しているので、きっと新鮮な出会いがあります。


この中の1冊1冊がいかにあなたの人生を豊かにする栄養になるか。


ぜひご覧になってみてください。

成功読書術
成功読書術
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7. 2
土井 英司著
ゴマブックス (2005.4)
通常24時間以内に発送します。

ホーム | 『続 東京五つ星の手みやげ』岸 朝子・選 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ