ホーム > 2007年6月

2007 .06 .17

BlogPeople「今日のラッキーさん」

6月17日のラッキーさん(Modern Syntax)
BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「That's Life "気になるニュースとブックレビュー"」さんです。
おお! BlogPeopleの「今日のラッキーさん」に選ばれるとは!
↓メールも来たよ。
Subject: BlogPeople:トップページでの貴サイトのご紹介に関して

「気になるニュースとブックレビュー」様、BlogPeopleをご利用いただきありがとうございます。

BlogPeopleでは毎日BlogPeopleを利用されているサイトの中から1サイトを抽選
で選んで、BlogPeopleのトップページでご紹介するサービスを提供していますが、
本日は貴サイトが選ばれました。
URL: http://blog.beatemotion.org/
やー、もう嬉しくてキャプチャ撮っちゃいましたよ。
ニュースを引用しつつ自分の感想を書くというブログの王道スタイルですが、とてもいい感じです。本人は気づかずに書いているんだろうけど読み手として「なるほど、そういう利点があるのか」とかいろいろ気づかなかった事を気づかせてくれる、というのが非常にブログ的でいいですなあ。やはりこういうスタイルが一番しっくりきます。
ありがとうございますー m(_ _)m

表現方法としてはとてもベタなブログなので書いてる本人としては「オリジナリティーがないよなー」「結局二次引用だもんなー」「でも自分のメモ用だしなー」「でも"自分らしさ"も出したいよなー」とか、けっこう悶々としながら書いてたりするんですけど。

それでもこうして感想をいただけるととても嬉しいし、BlogPeopleトップの掲載とか抜きしてもすっごく励みになりますね。気づきの点があったというのも嬉しい。

「自分の知ってることを他のひとが知ってるとは限らない」ので、そうした「まだ自分が知らない、気づいてない」情報に出会えるのがネットの面白いところだと思ってます。

そうした、誰かの役に立つ、興味をシェアできるようなエントリーをこれからも書いていければと思います。

お陰さまで週末は閑散としたPVなんですけど今日は結構にぎわってます。
ヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

続きを読む »

2007 .06 .09

アマゾン、送料定額サービス「Amazon プライム」開始

年会費3900円で常にお急ぎ無料配送--アマゾンが会員制プログラムを開始(CNET Japan)
Amazon.co.jpは6月8日、会員制プログラム「Amazon プライム」を開始した。年会費3900円を支払えば、日本全国を対象としたエクスプレス配送サービス「お急ぎ便」が使い放題になる。1つのアカウントで同居の家族2人までを家族会員として追加登録できる。
amazonプライムいよいよ日本でもアマゾンの会員制サービスがはじまりましたね。こうした明確なリピーター向けサービスは、新規顧客獲得にやっきになってる某ショッピングモールの執拗なメール攻勢にさらされてるユーザーからするととても王道に見えます。

※ちなみに画像のリンク先は昼間に撮ったキャプチャです。Firefoxだったんですけどアマゾンの中の人、慌ててたのかな。レイアウトが崩れまくりでした。。

とはいえ、大型商品は送料定額サービスの対象外、沖縄や離島が届け先の場合は通常配送のみ、といろいろ制約条件も付いてるのでどれだけの人が申し込むんだろう、とも思ったり。企業とか大学の先生なんかは請求書払いがよかったりとかするので送料定額がそれほどベネフィットになるとは思えないし。やっぱ個人向けのサービスって位置づけなのかな。

続きを読む »

2007 .06 .07

ビーケーワンもなにげに送料無料

■駅受け取り(ビーケーワン ご利用ガイド)
16:00までに注文すれば、最短で翌日17:00に駅で受け取れる!

@station[アット・ステーション]はJR東日本の駅店舗での受け取りサービスです。
都合の良い時間に、普段利用する駅で商品を受け取ることができるので、大変便利です。
JR東日本グループが運営する「NEWDAYS」「サンディーヌ」等の首都圏約190駅300店舗で受け取りができます。
サラッと上記のようにしか記載してないんですけどビーケーワンはJR東日本と提携してるので(非常にマイナーながら)「NEWDAYS」や「サンディーヌ」といったJR東日本系列のコンビニで配送商品を受け取ると注文総額が1,500円以下だろうと以上だろうと常に送料無料なんですね。

楽天ブックスのコンビニ受け取り開始や元祖コンビニ受け取り送料無料のセブンアンドワイのエントリーとネット書店ネタが続きますが。


自分が私鉄ユーザーだから気にもしなかったとは言え、なんかとても裏ワザちっく。

続きを読む »

2007 .06 .06

セブンアンドワイ「雑誌ストア」リニューアル、雑誌1冊でも送料無料

セブンアンドワイが雑誌を1冊から購入できるサービスを開始、セブンイレブン店舗と補完連携(通販旬報)
2004年3月に雑誌の定期購読サービスを開始し、すでに扱い雑誌は約1,200誌で展開している。今回、1冊から購入できるサービスを加えることで、扱い雑誌数は定期購読1,200誌、1冊購入誌2,500誌と国内最大級の扱い点数に拡大した。
セブンアンドワイ 雑誌ストアリニューアルこれまで雑誌は定期購読のみ取り扱っていたセブンアンドワイが1冊でも購入できる「単号扱い」を開始しました。

従来同様にセブンイレブン店舗での受け取りなら送料無料とのことなので週刊誌1冊とかでも気軽に買えるのではないでしょうか。

セブンアンドワイは運営母体に業界No.1の出版取次ぎ大手、トーハンがいるからこそ雑誌1冊の取り扱いもできるんだと思いますが、それにしても雑誌単品の在庫管理なんか考えたくもないですな。。。

書籍と違って雑誌は1冊1冊を識別する商品コードが体系だってないのでとかくデータベースに商品データを保持する管理に向かないんですよね。

街の本屋で当然に扱っている雑誌をネット書店がそうそう扱っていないのは低単価ってこともあるけど商品管理ができないから、ってのが実は最大の問題だったりします。

それからすると、単品販売をはじめたリニューアルと言っても中の仕組みとしては新規にシステム設計するくらいの規模だったハズ。

どうもお疲れさまです>中の人。

続きを読む »

このページについて

このページは 2007年6月 に投稿されたエントリーの一覧です。

« 前の月のアーカイブ
» 次の月のアーカイブ

» トップページへ
» このブログのフィード

アーカイブ