ホーム > 2005年5月

2005 .05 .29

『なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか』藤原 智美・著

ドメスティックバイオレンス、児童虐待、あるいは虐待どころが親が子を殺してしまう…そんな殺伐としたニュースが報じられる回数が増えてきたと思います。反面、不良だった元生徒が教師になり荒廃した高校を再建していくドラマ「ヤン
キー先生母校に帰る」が人気を呼んだり……

皇太子のおすすめで子育て本が売れる反面、減らない児童虐待のニュースを見るたびに「今の子供と親」がどういう状況にあるかを知りたくて手にとった本です。

『なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか』。著者は芥川賞を92年に受賞した後、
ノンフィクション作家として家族、子育て、教育といった分野で執筆している藤原
智美さんです。

続きを読む »

2005 .05 .27

このブログについて

書いてる人:たけし

気になる世の中の出来事や読んだ本をつらつらと書き連ねてみて、いったい自分の関心はどこにあるのか、何がしたいのか。そんなことを考えてみたい。

そんなことをこのブログで試してみよう。

てことで書いてることは自分メモ的な内容ですが、誰かの「知りたいこと」に役立てば幸いです。

ここのところはネット業界の片隅で仕事してます。

最近はDB(データベース)マーケティング担当、ということでRFMとか購買分析なんてことをやってるらしい。元・本屋。あおい書店新宿店の初代店長なんかをやってました。

興味の対象は経営、マーケティング、バイク、Rock、江戸、写真、人間などなど。

ヒトは好きなんですが、人づきあいは苦手です。人見知りだし口ベタで寂しがりです。実際会ったことある人は絶対信じてくれないけど。

基本属性は本屋専用。…バランス悪いプロファイリングです。

続きを読む »

2005 .05 .06

『人生を豊かにする時間術』アーノルド・ベネット・著

新社会人や転職、異動などで人が動くこの季節、本屋の店頭には「フレッシュマンフェア」と称するコーナーが設けられています。ここでは自己啓発書やビジネスマナー、ビジネススキルの入門書を目にすることができます。

これら自己啓発書と呼ばれる著作の中には、今なお読み継がれている欧米生まれのビジネス名著が多くあります。ナポレオン・ヒルやD・カーネギー、ジェームズ・アレンといった著者の本は、みなさん何かしら読んだことがあるのではないでしょうか。

今回取り上げてみるのは、こうした欧米生まれの古典的名著を現代風にアレンジして、現代人にも読みやすく整えた「フォーエバー選書」シリーズの1冊、アーノルド・ベネットの『人生を豊かにする時間術』です。

続きを読む »

このページについて

このページは 2005年5月 に投稿されたエントリーの一覧です。

« 前の月のアーカイブ
» 次の月のアーカイブ

» トップページへ
» このブログのフィード

アーカイブ